ストーリー

映画「桃とキジ」の物語についてご紹介

保育園のお遊戯会で『桃太郎』を演じた女の子、小島桃。

同級生の男の子をお供にしたがえ、見事に演じあげた。

その後、演劇に目覚め、女優を志し、18歳で上京するも、そこは厳しい世界だった。

それでも頑張って来られたのは、女優を応援してくれた父がいたから…

桃
東京タワー

ところが、その父は病死。

その後も全く芽が出ず、生活も苦しく、気付けば26歳に。

でも、どこかで思っていた。「自分には帰る実家がある」と。

そんなある日、母が一人で切り盛りする、帽子店が閉店になると知る。

慌てて、実家に戻ると、そこには青年になった同級生のイヌとサル、そしてキジがいた…

麦わら帽子

大人になった桃と周りの人間たちが岡山を舞台に繰り広げる物語とは…?

「桃太郎」ゆかりの地、岡山を舞台に素敵な人間たちが織り成す、

みんなを笑顔にするハートフルストーリー

犬
猿
雉